無垢フローリング 無塗装は・・・正直微妙?汚れても良いのであれば是非

こんにちは、学長です

本日、無垢フローリング塗装を解説します

無垢フローリングには多くの塗装仕上げが存在しています。

無垢フローリング塗装
●ウレタン仕上げ
●オイル仕上げ
●オスモ自然塗装仕上げ
●無塗装

その中で、よくお客様から聞かれるのは
【無塗装って・・・どう思いますか】

結論から言うと
無垢フローリングの無塗装はお勧めできません。
※個人的には好きですが・・・。

では、何故お勧めできないのかを解説します

塗装をすると、無垢フローリングの良さは消える

無垢フローリングに塗装をすると本来の良さは消えてしまいます。

オイル塗装仕上げであればまだ違和感は少ないです。

無塗装のメリットとは

無塗装のメリット
●手触り、肌触り等は無塗装の方が圧倒的に良い。
●傷、汚れの補修がしやすい

手触り、肌触り等は無塗装の方が圧倒的に良い。

無塗装無垢フローリングのメリットは

無塗装フローリングは非常に柔らかく、
優しい質感があること。

オイルを塗ってしまうと
どうしても膜ができてしまいます。

浸透系の塗料であったとしても薄い膜はでき、
本来の触り心地は失われます。

また、オイルを塗ることにより、
濡れたような仕上がりに変化するので
注意が必要です。

傷、汚れの補修がしやすい

無垢フローリングの良さは、
傷・汚れが出来た際に、研磨をし
補修が容易にできることです。

無塗装の場合はオイルを塗っていない分、
さらに簡単に補修ができます。

サンドペーパーで研磨すれば、
大概の傷や汚れは取れます。

ジュース、ビール、コーヒー等シミが出来たとしても、
タオルをあててアイロンで熱を加える

蒸気・熱の力で比較的に簡単に
汚れを取ることが出来ます。

※万が一こぼした際は、まずは拭いてください。

何故無垢フローリングに塗装をするのか?

この理由は大きく2点です。

塗装をする理由
①水染み、汚れから守るため
②木の耐久性を上げるため

この二点は家を長持ちさせるために
非常に重要です。

建築士の中では【私たちは絶対に無塗装無垢フローリングしか貼りません】
と言っているいますが、全体的に見ればこちらの方が特殊です。

本物の木ならではの問題が起きる

無垢フローリングは本物の木です。

●見ていない間に子供が水をこぼした。
●よだれが・・・垂れてる。
●お漏らししてしまった・・・

となってしまったら悲惨です。

そのまま放置しておけば
カビになる可能性すらあります。

塗装をしなければ木の耐久性が落ちる。

皆さん、冬場に家でスリッパは履きますか?
※私は寒いのではいています。

スリッパが無塗装には天敵です。
摩擦が起こり、ささくれがおきます。

昔、日本の住宅は無塗装フローリングが基本でした。

【家では裸足】という文化があり、
人の柔らかい足で歩くたびに木がなじみ、

肌から出る油によってフローリングが光り輝き、
フローリングの変化を楽しんできた。

と言われています。

しかし、今では欧米の文化が入ってきており、
部屋の中ではスリッパ、
靴下をはくことがほとんどです。

また、年々冬の冷え込みにより、
この文化は加速しています。

裏の堅いスリッパで歩くことにより、
木が消耗し、油も付かないの
【ささくれ】が起きてしまう。

これが、無塗装は止めときましょう
とお客様にお伝えしている理由です。

無垢フローリング 無塗装は微妙・まとめ・・・

如何でしたでしょうか?

無垢フローリング無塗装の特徴を
理解して頂けましたか?

正直無塗装はお勧めできません。
リスクが高すぎます。

また、無塗装無垢フローリングを選んで、
あとで塗装をしよう。
と考えている方に注意点が必要です。

フローリングを貼った後に
塗装をする場合は、

【サネ】にワックスが
綺麗に届かない可能性があります。

無塗装無垢フローリングを検討していて
『張った雰囲気を見て塗装するかを決めよう』
と思われている人はいいですが、
【最初から無塗装をやめよう】を思われている人は
塗装をされた無垢フローリングを購入してください。
無垢フローリングは非常に高価な商品です。

メリット・デメリットを知った上で

リフォーム担当としっかりと相談してから、
使用するかを決めてくださいね!

では、また。